読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食いしん坊夫婦の世界食べ歩き

主に写真で食べ歩きの記録を残します。

カナダ旅行その13 イエローナイフ初日の夕食はCoyote's Bistroで

無事にクリスマス休暇期間の分の買い出しを終え、一安心。

snooko2016.hatenablog.com

 滞在したゲストルームでのチェックイン時に、部屋の設備の使い方をはじめ、滞在中に必要な情報の説明をしてくださった日本人の女性(若い方でしたし、雰囲気的に多分、ワーキングホリデーでカナダに来ているのかなと思います)に、お勧めのレストランを教えて頂きました。

 ※この地域をカバーしているガイド本は「地球の歩き方」のみ。

 あとはTripAdvisorくらいしか情報入手手段が無いような場合、一番確実なのは地元在住の人のお勧め!だと思っています。

 

前回の記事にも書きましたが、12/24夜はホテル併設のレストラン以外はほぼ営業していない、と聞いていました。ので、とりあえず場所を確認できれば、とダメ元で行ってみました。

…私たちの食への願い(というか執念!?)が通じたのか、運よく営業していました(笑)。

 

ぱっと見、倉庫!?と思うような開口部の小さな、四角い赤い建物です。

営業中は通り沿いにこの立て看板があるのが目印のよう。

 頑丈そうな重いドアを開け、

このパネルを見ながら階段で2Fに上がるとお店の入口があります。

店内はこんな感じ。ビリヤード台があったり、反対側の壁では大きな画面のテレビでスポーツの放送を流していたり、スポーツバーのような雰囲気です。

(オーロラ鑑賞ツアー参加の為、かなり早い時間に行ったので空いてますが、この後結構混みました)

私は、折角なので普段日本でなかなか口にできないものを、と思い、Arctic Char(ホッキョクイワナ)のグリルをいただきました。

ベークドポテトにフォーカスが当たってしまい、主役が若干ピンボケなのはご容赦ください。

初めてでしたが、サケ科だけあってサーモンとかベニマスに通じる、万人に受け入れられやすい味と感じました。

とても美味しかったです!次回イエローナイフに行ったら、(今度は別のお店でも)また食べてみたい食材です♪

 

 ぬお氏はSteak Sandwichを注文。プラス2ドルでマッシュルームをオプションで追加しました。

サンドイッチと言いつつ、パンが見えません(笑)。

 写真では見えないのですが、オープンサンドになっていて、お肉とほぼ同じくらいのサイズの薄切りのパンが下にあります。

ビーフステーキの量は7オンス=約200g。

付け合せのフレンチフライも、(見た目より)ずっと多くてボリューム満点。まあ、中肉中背の体格の割にグローバルサイズの胃袋を持つぬお氏、難なく完食できました。私も少し味見しましたが、とても美味しかったです。

 

 実は、最終日(12/27)の夕食にも再訪しました。

 

 当初は、ここもお勧め、として聞いていた別の店

公式HP: The Black Knight Pub

TripAdvisor:

 に行ったのですが、まだクリスマス休暇なのか、時間帯が良くなかったのか(17:30~18:00頃だったのですが)ドアが閉まっているどころか、中の明かりもついていない状態。

 

 じゃあ、美味しかったからまたここでいいか、近いし。と安直な発想でこちらへ来ました(バンクーバーと比べ物にならないくらい小さな街だし、お店の数も限られているので、こだわる余地がないという話もあります)。

結局、イエローナイフで4泊したのに、外食はこの2回だけで、後は全て自炊でした…次回行ったら他のお店も開拓したいと思ってます(>_<)

 

ぬお氏は前回と同じ、Steak Sandwichにマッシュルームを追加。

…前回と同じメニューなんですが、ステーキの焼き目の入り方が違うとか、何故か今回はマッシュルームが肉の上に載っているとか、見た目の印象が違う(一つ上の写真と比較すると分かりやすいです)のはご愛敬。

 

私はフィッシュアンドチップス。

写真の見た目よりも、下にたっぷり入っています…ので、一人じゃ全部平らげるのは無理で、ぬお氏に手伝ってもらいました。

 

 以前はちゃんと見えたはずの公式HP、現在リニューアル中のようなので、お店のFacebookページを掲載しておきます。

Coyote's Bistro on Franklin

 

 ダウンタウンの中心、前回記事で温度計の写真を撮ったあたりから徒歩5分くらい。

メインストリートのフランクリンアベニュー沿いです。