食いしん坊夫婦の世界食べ歩き

主に写真で食べ歩きの記録を残します。

カナダ旅行その17 ウエストジェットで帰途へ(イエローナイフ→カルガリー→バンクーバー)

 

オーロラ観測ツアーから戻ったのは午前3時頃。

snooko2016.hatenablog.com

ピックアップ予定時間は降車時に知らせてもらっていたため、 1時間でアパートメントの最終片付けと荷造りの最終確認を行い、午前4時にピックアップしていただきイエローナイフ空港に向かいました。

この時に、レンタルしていた防寒着セットも返却しました。

イエローナイフ空港を出発

往路は同一便でイエローナイフエドモントン経由→イエローナイフでしたが、このルートは1日1往復のみ。

逆ルートだと、発着時間の都合でバンクーバーからのANA帰国便には間に合いません。

なので、イエローナイフから、まずはカルガリー空港を目指しました。

例によって、歩いて直接飛行機に乗り込みます(笑)。

プロペラ機! かわいい~(*´▽`*)

(今回はNo Photo!とは言われませんでしたので、飛行機と私との記念写真もじっくり撮れました♪)

が…午前5:30の定刻を20分過ぎても、一向に動き出す気配がありません。

機内アナウンスも無し。

カルガリーでの乗り継ぎ、長めにとってる(国内線同士だけど2時間(笑))けど、大丈夫かな、間に合うかな...、と考えていたのですが。

 

何と右側のプロペラが凍りついて回らなくなっていたらしい。

 

ほどなくして、特殊車両がやってきて、氷を溶かす液体をプロペラに掛けていました。この後、無事に離陸し次の目的地であるカルガリー空港へ向かったのでした。

お約束のつまみも(ぬお氏の手)。

イエローナイフ滞在中は、夜中はオーロラ観測ツアーに参加し、朝方から昼前にかけて寝ているという生活をしていました。

出発時には眠くなかったのですが、さすがに機中では睡魔に襲われうとうと。

カルガリー空港へ到着

 着陸間際に見えた、夜明け直前の風景。街の灯りがとても幻想的でした。

右側のプロペラも順調に動いているようです( ̄▽ ̄)

無事にカルガリー空港へ着陸しました。結局は10分~15分遅れくらいだったでしょうか。

降機時に、飛行機との写真を撮ろうとした人がいたのですが、ここではNo Photo!と注意されてました。イエローナイフの時といい、どういうルールになっているのかよくわかりません…

なので、これは到着ターミナルの建物に入る直前、くるっと振り向いて速攻で撮影した1枚です(^^;)

カルガリー空港はウエストジェットの本拠地ということもあり、窓越しに沢山の機体が見えました。

日本ではお目にかかれない航空会社という事もあり、二人ともテンションあげあげ(*^▽^*)

 

大き目の機体は普通にボーディングブリッジを介しての乗り降りですが 

イエローナイフからの搭乗便のような小さい機種だと、歩いて建物まで。

で、簡素な造り(成田空港第3ターミナルのような…(笑))の別棟からターミナルへ入りました。

f:id:snooko2016:20170327141827j:plain

沖止めっていう感じでもないし、こういう場合は何て言うのでしょうね。

朝食@カルガリー空港

 何はともあれ、前日夕食以来、まともに何も口にしていないのでさすがにお腹が空いてきました。

※機内で例によってドリンク&スナック位はありましたが、お腹を満たすほどではない

 

多少定刻から遅れたとはいえ、カルガリー空港での乗り継ぎ時間にはまだまだ2時間近く余裕があります。

乗り継ぎ便の搭乗口の場所だけ確認したら、まずはそう大きくもない国内線ターミナルを探検しつつ、フードコートを一周してお店を確認。

 

結局、A&Wの朝食メニューでベーコンエッグマフィンをいただきました。

ANAの帰国便、ビジネスクラス機内食を満喫したいので(!)、2人で1セットだけ注文。

 

エッグマフィンはまあ見た目通りの味ですが、コーヒーは結構美味しかったです。

Van Houtteというロゴが主張しているので調べてみたところ、カナダで創業100年近くにもなるコーヒーチェーンのようで、道理で。

おみやげ探索

無事にお腹が満たされ、バンクーバー行きの飛行機の搭乗開始まではまだ1時間弱くらい。

※最速ならもう1時間早い便もあったのですが、遅延で乗り継ぎできないリスクも考え、1便遅らせて乗り継ぎ時間は2時間確保してました。なので、時間には余裕があります

 

何かめぼしいものないかなあ、と様々なお店をうろうろ。

こんなベタな感じのマグネットもありました ←買ってませんが

かわいいかと言われるとだいぶ微妙なトナカイ。目玉はフリーハンドで書き入れてるようで、個体によって表情がまちまちでした(笑)

ぬお氏、元来のコレクター癖が顔を出し始めたのか、最近は飛行機模型が気になり始めてます( ̄▽ ̄) 

 

折角だから、日本では入手困難なエアラインのものなど、ローカルなものが無いかな...と言い出しました。

お土産屋にも多少ありましたが、お子様用な感じ。

ウエストジェットのマスコットキャラクター(?)のぬいぐるみもありました。

そういえば、往路のフライト時にログブック記載をしてもらった際、貼られていたシールがこのキャラクターでした(笑)↓

snooko2016.hatenablog.com

 

空港内の地図を確認すると、何やらそれらしきお店がありそうだったので、早速探索しに行きました。

が、その近辺を歩いても見つける事が出来ず、諦めかけていると、子ども向けのおもちゃやぬいぐるみを販売しているお店の傍らにひっそりとそれらしき棚が! 

模型飛行機があるのは、このガラスケースの中だけ。写真奥の側から歩いてきても、見つけられないはずです。

 

この写真を撮影したのは購入後なのでちょうどスペースがその分空いてますが、最上段にウエストジェットの模型がありました!

それも、何と先ほどまで乗っていた(出発時にプロペラがトラブった(笑))ボンバルディアQ400と、往路&これからバンクーバーまで乗るボーイング737-700。

 

日本ではなかなか手に入りづらそうなので、ぬお氏速攻で大人買い(爆)。

お小遣い前借りの家庭内借金分は、ゆっくり返して頂きます( ̄▽ ̄)

 

以下3枚は帰国後、自宅で撮影したもの。細かいところまですごくよくできてます。

こちら、2つとも樹脂製ではなく金属製なので、小さいわりに重量感があります。

 

これで思い残すことも多分ないと思うので、搭乗口へ。

手前にあるホールには、カラフルで大きな飛行機のオブジェが2つあり、ちょっと不思議な光景でした。ボタンを押すとしばらくの間、結構な勢いで上の飛行機のある部分が、遊園地の空中ブランコのような感じで回転します。

その後、乗り継ぎ便は無事定刻に出発し、バンクーバー空港へ向かいました。