読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食いしん坊夫婦の世界食べ歩き

主に写真で食べ歩きの記録を残します。

激安のANA旅作ビジネスクラスでバンクーバー! その3 バンクーバー空港→ホテルへ

 というわけでバンクーバーへ無事到着しました。

お世話になった飛行機はこちらでした↓

長い通路を移動し、入国審査場が近付いてきました。

トーテムポールがお出迎え。

 

カナダ・米国籍以外の人は向かって右側の列に並びます。

人がいっぱいいますが、恐ろしい事にこの列、縦じゃなく、横に広がっているんです。

 

文字だけで表すと

○ ○ ○ ○ ○ ○ ←入国審査官

↑  ↑ ↑ ↑ ↑ ↑  ←入国を希望する人たちの進行方向

↑←-----------------

---------------→↑

↑←-----------------

---------------→↑  …以下略。イメージをわかって頂けるといいのですが。

なので、右側の柱のさらに右側にも列が広がっています。

 

という状況で1時間程列に並び、やっと順番が来ました。

珍しいなと思ったのが、家族はまとめて一度に審査されること。

なので、私たちも二人一緒に入国審査を受けました。若い女性の、名前からすると韓国系とおぼしき審査官でした。

 

最近の他の国の様に、二言三言の会話で終わるかと思いきや、旅行行程を細かく確認されました...。何日までいるのか、バンクーバー以外にもどこか行くのか、それぞれの街でどこに泊まるのか、何をしに行くのか、といったような感じです。

 

ぬお氏曰く、「確か昔はヨーロッパでもこれ位聞かれていた様な記憶があるので、久々に新鮮な感覚」だそうです。

もっとも、他の列はもっとさくさく進んでいたので微妙でしたが...(笑)個人差?


まあそんなこんなで無事に入国審査を終え、時間がかかりすぎたのでPriorityタグの恩恵とは関係なくとっくに全部の荷物が出てきていると思われるベルトコンベアからスーツケースをピックアップし、最初のつまみミッションもこなして

ホテルへ向かいます。

昼間なのでタクシーは使わず、スカイトレインと呼ばれる電車に乗り、

空港から約20分で街中の Vancouver City Centre駅で下車。

ホテルは安全で清潔なら特にこだわりなし、豪華じゃなくてもOK!な夫婦なので(旅の後半に多くの費用がかかるという理由もある)、旅作で最安値だった、ハワード・ジョンソン・バンクーバーホテルにしました。

Howard Johnson Vancouver Hotel

 

 なんだかんだで忙しかったり、雨が降っていたりしてたので、ホテル内外の写真を撮るのを忘れていました。

そんなわけで外観写真は公式サイト、部屋内部の写真はhotels.comからお借りしました。

f:id:snooko2016:20170126140952p:plain

 部屋の広さはこんな感じで

f:id:snooko2016:20170126141921j:plain

窓の大きさはこれ↓位の部屋でした。窓にある大きな白い物体は暖房器具です。

f:id:snooko2016:20170126141935j:plain

バスルームの雰囲気。

f:id:snooko2016:20170126142014j:plain

こちらのホテルの場所としては

・最寄りの駅はYaletownから徒歩5分程度、ただし、各種レビューを見ていたので、Vancouver City Centreから10分程歩きました。

その理由としては、Yaletownからは結構傾斜のある坂を登る位置なので、大きな荷物、特にスーツケースを転がしての移動が大変なこと。

 Vancouver City Centre駅からは緩い下り坂を降りて行くので、距離が長くなっても疲れません。荷物がある時なら、こちらが断然お勧めです。

 

なお、デメリットとしては、

  • 立地面では: グランビル通り沿いですが、やや外れた場所にあり、近くにストリップ劇場やナイトクラブもあります。ので、女性一人旅だとお勧めできない立地。

   男性や、私たちのような夫婦やカップルなら問題ないかとは思いました。

  • 部屋の設備の面では:

   ・部屋に冷蔵庫はない

   ・バスルームのシャワーは固定式(写真を参照)。

   ・建物は決して新しくない(けど、清潔ではあります)。暖房器具は後から付けたと思われるので、スイッチを入れてるとかなりうるさい(笑) ←なので、寝るときは消してました

 

 勿論、メリットもあります。

  • 安い(笑)
  • 便利のいい場所にある。
  • フロントから客室へ上がるエレベーターはカードを読み取り機にスワイプしないと△ボタンも押せないようになっており、また、フロントも24時間スタッフが常駐しているのでセキュリティ面では安心。ただ、部屋にセキュリティボックスは無かったので、貴重品は鍵のかかるスーツケースやバッグの中にしまっておきましょう。
  • お風呂の水量は豊富で湯温は安定してます。

 

豪華な、とか洗練された、といったホテルステイを求めていたり、周囲がとても静かでないと眠れない人には全く向きませんが、独身の時はヨーロッパユースホステル泊まり歩き、とかB&B滞在が普通だった私には十分、場所も便利だったし何の問題も感じないホテルでした。 20代前半?とおぼしきカップル等、時々日本人の滞在客も見かけました。

 

さて、無事チェックインし、荷物も置いて出発です。

 まずは再びVancouver City Centre駅の方へ。目的地はこちら↓

 

そう、Apple Storeです。Pacific Centreという、駅直結の大きなショッピングモールの中に店舗を構えています。

12月22日、ホリデーシーズン直前という事もあって、こんな感じで混んでました(が、担当してくれたスタッフのお兄さん曰く、もっと早い時間はさらに激混みだったそう)。

 

購入したのは、ipad mini4。

今まで私は初代ipad miniを使っていましたが(SIMフリーで、その頃ちょうどアメリカ出張だったぬお氏に買ってきてもらった品)4年近く経ってさすがに少々パワー不足を感じる事が出てきたので、そろそろ欲しいかなあと思ってました。

 

初代と違って、今は日本のapple公式HPから買ってもSIMフリーです。

 

じゃあなんでわざわざバンクーバーで買ったかというと、海外版はシャッター音がしないから。この1点につきます。(やましい写真を撮る訳じゃないですよ?)

iphone対応なら無音カメラアプリもいろいろありそうだったのですが、ipad対応でこれというものもないし、ちょうどカナダに行く機会があるならこれを機に買おうかな、と決意したわけです。

 

価格ですが…秋までならともかく、11月以降の例のトランプ相場でカナダドル(概ね米ドルと連動してます)が円に対し随分高くなってしまったため、正直価格だけなら日本で買った方が安かったです。

まあ、こんな人もいるという事で。

 

…ちなみに、初代ipad miniはどうなったかということ、本人の希望で、ぬお氏におさがりとしてあげました(* ̄▽ ̄*)ノ"