読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食いしん坊夫婦の世界食べ歩き

主に写真で食べ歩きの記録を残します。

バンクーバー旅行その5 地中海料理のお店でディナーに舌鼓

12/22(バンクーバー初日)の夕食は、Enchantの会場から徒歩15分程の場所にある地中海料理のBranas mediterranean grillにしました。

 

こちらも、Enchantと同様、バンクーバー在住の友人Sさんに強力プッシュして頂きました。

というよりは実際は、バンクーバーに行く事をお知らせしたところ、観光はこんなスポットがいい、とか、食事はここがお勧めといった内容の超充実したリストを送ってもらえ、とても予定の日程では行ききれない!という程だったので、バンクーバー滞在中の食事は全て、そのリストから選んでます(笑)

 

ヨットハーバーに隣接した位置にあるお店なので、夏の夜にテラスで飲むと気持ち良さそうです。行ったのは真冬なので、帰りにぶらぶらしただけですが…。

まあ夏だったら予約必須でしょうね。

 

到着

お店の外観はこんな感じです。 

Enchantでどの位の時間過ごすか、予定が読めなかったので予約を入れずに訪問。

運よく入れました。

入口にはこんな感じで、ブランチやディナーメニューが貼られています(撮影したのは帰りですが。ずっと外にいて体が冷えたし、何よりお腹が空いたしで、行きはお店を見つけたら即入店しました)。

店内はクリスマスを意識した飾り付けがされていて、素敵でした。

Sさんのおすすめ料理は必須としても、あとを何にするか、悩みながらオーダー。どれも美味しそうだったので。

先に持ってきてもらったグラスワインをゆっくり飲みながら、のんびりとお料理が来るのを待ちます。

  

前菜その1は友人お勧めの一品

まずは、事前にお勧めと聞いていたので、オーダーする事を決めていたSaganaki。

ギリシャ料理の前菜だそうです。

 

火が出ているのが分かるかと思います。

チーズを油で揚げたもので、目の前でお酒を注いでフランベしてもらえ、目でも楽しめます。

 

火が消えたところで、切り分けていただきます。

 メニューに解説があり、こちらのお店では、ギリシャのグラヴィエラチーズを使っているそうです。初めて食べましたが、グラヴィエラチーズはスイスのグリュイエールチーズの製法を元に作られているというだけあり、コクのある濃厚な味わいながらもクセは感じない、食べやすい味でした。

また、フランベの際に使用したお酒も、ギリシャのブランデーだそうです。

 これはSさんがお気に入りメニューにしているのも納得です。

 

前菜その2

他に何にするか悩みましたが、もう1つ前菜として、Crispy Calamari(サクサクのイカフライ)を選びました。メインをお肉にしたので、具材のバランスを考えて。

ぬお氏初登場。お皿の大きさを実感していただけるでしょうか。

ほんとにこんな感じの表情です(笑)。

f:id:snooko2016:20170202211010j:plain

分量が多すぎる…?と、出てきた瞬間はちょっと驚きましたが、実際は衣の厚さは極薄でサクサクの食感、赤タマネギとセロリの刻んだものがフライと一緒に混ぜ込まれているので、予想よりはずっと軽い感じ。

おつまみ的に止まらない、いくらでも食べられそうな一皿でした。

 

メインディッシュ

さて、メインに選んだのはラムの肩肉ローストです(メニュー名はKLEFTIKO LAMB)。

サイズ感が分からなかったので、オーダー時、対応してくれたお店のお姉さんにボリュームを聞いたところ「1人前しかない」とか「骨が多いから大きく見える」という返事でしたが、ここは大事をとって量が少なければ後で追加注文することとし、まずは1人前を注文しました。

やっぱり、大きかった…(笑)

これまた料理単体の写真だけでは高さが分かりづらいので、再びぬお氏登場。

肉の高さが尋常じゃないのが分かるでしょうか…どこが一人分?

f:id:snooko2016:20170209095821j:plain

ぬお氏が取り分けてくれた私のお皿。

これで終わりじゃありません。あと数皿分あると思ってください(笑)

お肉はくどくもなく、パサパサする事もない絶妙な加減。

(元々ラムとかジビエの類が2人とも大好きなので、苦手な方にも大丈夫、とは言いきれません)ハーブの効いたスパイスの効果もあってか、ラム特有の臭みは感じず、味わいをしっかり楽しみました。肉質も柔らかく、とても美味しかったです。 こんな事書いてたらまた食べに行きたくなりました…

 

骨はあるにはありますが、じっくりローストされていて、肉が付いてくることもなくほろっと外しやすかったです。また、プレート状に何枚か取れる、という感じだったので、骨の分量はそれほどでもありません。→という事は、やっぱり肉の分量たっぷり。

 

下に敷かれたジャスミンライスや野菜もいい感じ。

イカフライにも付いていたザジキソース(Tzatziki:ギリシャのヨーグルトをベースとした酸味のあるソース)と合わせて食べたり、いろいろな組み合わせを楽しみました。

 

総評 

 

ということで、お料理はどれもとても美味しく量もたっぷり。最初の食事から大満足でした。

我が家はぬお氏の胃袋がワールドワイドサイズ(笑)なので3皿完食でしたが、普通の日本人2人だとこの分量は厳しいかも。

でも、食べきれない場合も、アメリカ同様、カナダでも、大抵のお店で頼めば持ち帰り用に包んでくれますので、ご安心ください。

 

お店の料理はこんな感じでギリシャ料理が主ですが(とはいえ、手作りのバーガー各種やパスタもあります。詳細は下記の公式HPのメニューを)、私たちのテーブルを担当してくれたお姉さんはロシア南部の出身だと聞きました。

カナダには様々な国出身の人々が暮らしているとの事で、アメリカは「人種のるつぼ」と言われてますが、カナダは「人種のモザイク」なんだとか。最初の食事から、その一端を垣間見たような気がしました。

 

公式HP、場所 

最後に、お店の情報をまとめました。メニューも載っています。

 

公式HP: 

Branas Bar and Grill – The Best Greek and Mediterranean Food In Vancouver!

スカイラインOlympic Village駅からは徒歩7~8分位です。

 

地図: