食いしん坊夫婦の世界食べ歩き

主に写真で食べ歩きの記録を残します。

カナダ旅行その15 街歩き(ビジターセンター)とオーロラツアー第3夜

 目次

 

ビジターセンターでイエローナイフの記念品をゲット

 12/26(イエローナイフ滞在:3日目)の午後。

 

オーロラ鑑賞以外にも少しは楽しみたいよね、と街中にあるビジターセンター(観光案内所)へ行きました。

実は、昼間暇だったので前日にもブラブラ歩いて行ってみたんですが、やっぱりクリスマス当日は閉まっていたので翌日出直したという(^^;)

 滞在しているアパートメントから徒歩15分くらいでしょうか。

ダウンタウンのメインストリートからはちょっと逸れた場所にあります。

 ここでは、ゲストブックに簡単なコメントを書くとピンバッジを無料で貰えたり、3ドルで北緯60度を越えた証明書を名前入りで発行してくれます。

ちなみに、聞いてみたところ証明書は連名でもOKとの事だったので、夫婦で1枚にしておきました(笑)。

f:id:snooko2016:20170316230205j:plain

 イエローナイフで走っている車のナンバープレートは白熊を型どったデザインなのですが、様々なバリエーションのプレートが入口に飾られています。

お土産でも、ナンバープレートを模したプレートを売ってました。

かわいいなーどうしようかなーと悩んだのですが、これが結構いいお値段。

帰国してからどこに飾るんだ、そんなアテないだろう、と自分の心の中からツッコミが聞こえてきたので、買うのはやめて写真で思い出を残すことに(笑)

屋根に目をやると、謎のライトが。

太陽風によって引き起こされる磁気嵐が、今夜どのくらいの強さになるか、予報を出しているようです。ライトの色が緑や赤であれば、活発に動く、素敵なオーロラに出会えるチャンスがあるよ!という意味なんだとか。

(といっても、この看板の写真を撮影した時はちゃんと読んでおらず、「要は今夜オーロラに出会えそうかどうかの予報だよね?」とテキトーな理解しかしてませんでした(^^;) geomagnetic stormってなんだろう?と思って、この記事を書くときに初めて調べたことをここに告白します)

他にも、もちろん現地ツアーやお店の情報等を入手できたり、様々な種類のお土産が販売されています。

アーバス等が来る度に人で一杯になり、身動き出来ない状態になりました...(ここでも日本人は少数、チャイナパワーに押されてます)。

奥の方には、無人でしたがこんなスペースも。クリスマスは過ぎてましたが、こんな感じで飾りは健在。

帰国時(12/28)でも、バンクーバー空港含め、いろんなところでツリーがそのままなのを何度も見たことからすると、きっとカナダでは一般的に、クリスマスが終わっても、どこかの区切りまで(わかってない)少し長めに飾っておく、という事なんでしょうね、きっと。

本日の気温。

 ビジターセンターの近くから見えた夕陽。

一切画像処理していないのですが、十字の光で不思議な雰囲気でした。

第3夜:2016/12/26 

この夜のオーロラ観察ツアーでも、前半の時間を過ごした場所でオーロラ爆発に出会う事が出来ました!

 

…が、率直なところ、前日ほどの光の強さ、動きの激しさはなかったように思います。

snooko2016.hatenablog.com

 

 目が贅沢になってしまったせいか、つい前日と比較してしまい、嬉しい気持ちは勿論あるのですが、最初の頃ほど満足出来ず感動が薄くなってしまっていました。

十分すごいオーロラだとは思うんですが…慣れってこわい(^^;)

 

 ※最初のスポットでは、カメラを取り出してセッティングをするのが面倒で(爆)自分で撮影した写真はありません… 本記事後半に、この日の分のナヌックさんのブログURLを貼りましたので、気になる方は是非そちらもご覧ください。

 

以下は、後半に別のスポットに連れて行ってもらった際に、自分で撮った写真です。

オーロラはそこまで激しくないですが、満点の星空との対比は素敵でした。

f:id:snooko2016:20170313224015j:plain

f:id:snooko2016:20170313224016j:plain

f:id:snooko2016:20170313224017j:plain

f:id:snooko2016:20170313224018j:plain

 どーん! 思い切って載せちゃいます! ガイドの大塚さんに撮影して頂いた、オーロラと私たちの写真です(さすがに顔は隠しました…)。

 

こちらが前半の、オーロラ爆発の際のもの。

前日のようなピンク色の光はごくわずかしかありませんが、オーロラがとても広い範囲に広がっているのが分かるかと思います。

f:id:snooko2016:20170313224007j:plain

で、こちらが後半の時間を過ごしたスポットでのものです。

f:id:snooko2016:20170313224008j:plain

たまたま似たようなポーズが2枚ですが、結構皆さん思い思いの構図で楽しんでたりします。

自分たちの持ってる道具で普通に撮ろうとしてもなかなかこんな風にうまくいかないんですよね…(ブレブレのオバケになるか、逆に明かりが強すぎて人間が白飛びして写るか…)。

ナヌックさんでは無料で撮って頂ける(データは後日、教えて頂いたURLからダウンロード)のがとても有難いです!一生の記念になりました♪

 

ところで、この写真で、夫婦ペアルック!とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが…防寒着をレンタルしてるので同じ恰好なんです。

だから、実際はペアどころか、同じツアーに参加している人、みんな同じ服装(笑)*1

しかも、オーロラ鑑賞は写真で見るよりも暗い場所なので、お互いが離れたところにいると、後姿だけではどれがぬお氏なのか、全くわからなくなり、違う人に間違えて話しかけてしまわないか、かなり心配になりました(^^;;

 

この日のナヌックさんのブログはこちら。オーロラを眺める参加者たち、というような写真もあります!(実はこの写真の撮影時、「しばらく動かないでくださいね~」と言われて、数秒みんな固まってた、という裏話も)

ameblo.jp

深夜のイエローナイフ空港

ナヌックさんのオーロラ観測ツアーでは、途中のトイレ休憩でイエローナイフ空港に立ち寄ります。24:30頃到着の深夜便待ちなのか、この日はWESTJETのスタッフが一人、まだ働いていました。※ここでもクリスマスツリー健在

 

 到着した日には気付かなかったのですが、空港ビルのホール部分の床に、北極点を中心にした極地の、巨大な地図が貼られていました。この視点から眺めるのって、なんか新鮮です。

イエローナイフは上写真の手前中央辺りにあります。

というわけで、その部分をアップに。

 翌朝以降の出発便の表示。

(深夜なので勿論閉まってますが)土産物を売るスペースも、まるでキオスクという位に小さいですが、大都市の巨大な空港にはない、いい味があります。 

昼間に行ったビジターセンターで扱ってたお土産の、ピックアップ版という感じのラインナップでした。

 

*1:後日別記事に起こそうと思っていますが、日本で普通に入手出来るような服装だけでは太刀打ちできない気温なので、レンタルは必須です!