食いしん坊夫婦の世界食べ歩き

主に写真で食べ歩きの記録を残します。

2017GW 初!特典航空券で行くヨーロッパ旅行 Day1 羽田→フランクフルト→ミュンヘン

2017年のゴールデンウィーク

ヨーロッパ大好き、特にイタリア大好き!な私たち夫婦、有休をどんとつぎこみ、今回も行ってきました。

 

昨年(2016年)はSFC修行もあって、過去例を見ない(そしてきっと、将来にも無い)位海外に行きまくっておりましたが、ヨーロッパは2015年秋のシルバーウィーク以来、約1年半ぶりです。

 

今回、自分たちの中で別格だったのが、初めて、マイルを貯めての特典航空券での旅行だったことです!GWがらみ、という事で2人分の席を確保するのも大変な時期なので、もちろん、搭乗355日前に予約したのでした。

 

予約当時(2016年4月下旬)はまだ、それほど熱心に陸マイラー活動をしていなかったこと、SFC修行を考えてもいなかったこともあり、夫婦合わせても2人分往復ビジネスクラスの19万マイルには足りなかった為、(一部某ルートからバイマイルもして)往路はエコノミークラス、復路はビジネスクラスとなりました。

 

予約した時点では、この復路が生まれて初めてのビジネスクラスになるのね♪とウキウキでしたが、まさかその前にカナダへ行き、体験することになるとは、世の中わからないものです。

snooko2016.hatenablog.com 

 いざ羽田から出発

というわけで4月28日、金曜日。GW前日から出発です。

SFC修行の成果で、24時間前にプレミアムエコノミークラスに空きがあれば、無料でアップグレードできるのを楽しみに楽しみにしていたのですが…

 

満席のためあえなく失敗。

SFC修行で行った昨年8月&11月のシンガポールはプレミアムエコノミークラス、上にも書いたカナダ(バンクーバーイエローナイフ)はビジネスクラス、と、庶民のくせに最近はすっかり上級クラスシートに慣れてしまっていた*1為、かなーりがっかり。

 

羽田空港に着いたら、事前に空港宅配を頼んでいたスーツケースを受け取るのに、10人以上の待ち行列ができてた、とか、もちろん保安検査場も結構な行列だった、とかいう状態だったので、さすがにGW前日じゃあ無理か、と思い知らされたのでした。

 

まあでも、保安検査場で優先レーンを使えたので待ちが少なく済んだ、とか、長距離フライトの前にラウンジでゆっくりすることができる、という過ごし方ができるのは、過去の(修行を考える前の)旅行では考えられなかったことです。

 

こんな日なので、もちろんANAラウンジも大混雑でした。ので、ラウンジ内の写真はありません。

 

フライトはお昼前の出発ですが、自宅を出たのが朝7時前で朝食を取る余裕もなかったこともあり、お腹ぺこぺこ。

私は軽めにいただきました。

こちらはぬお氏のガッツリラウンジ飯(笑)。

というわけで時間になったので、搭乗開始。NH223便です。

もちろんここは右へ。

優先搭乗を使えるので、座席上部の荷物入れ(オーバーヘッドコンパートメント)の場所取り競争からは解放されるのは助かります。

ボーイング777-300 エコノミークラス非常口席でのフライト

予約時期が早かったので、非常口前の座席、しかも2-4-3列の2列部分を確保できたので、足元が広いのは救いです。ちなみに30Aと30C。

下記、足元の広さを確認したい方の参考になれば。

(足元に置いてある機内で過ごすグッズがいろいろ入ったバッグ、模様がかなり特徴的なのでモザイクかけました(笑))

 まあともかく、これからの旅が楽しいものになることを願って&連続休暇取得のために直前、どちらも結構な忙しさでお疲れな自分たちをねぎらって(爆)まずは乾杯。

ラウンジごはんを軽くしておいたので、機内食はもちろん楽勝で完食。

デザートのハーゲンダッツ

その後の写真はありませんが、約12時間のフライトを経て、なんとかかんとかフランクフルトへ到着。

でも…正直、到着時点で体がバキバキに凝っていました。いくら足元広めでも、足はむくむし疲れますね。もう若くないわ、ってことを改めて実感(爆)。

 

次回以降、長距離フライトではプレエコ以上、できればビジネスの特典航空券で旅行できるよう、マイラー活動頑張ろう、と心に誓ったのでした。

 フランクフルト空港で、ミュンヘン行きへの乗り継ぎ

フランクフルトでは約2時間の乗り継ぎ時間。無事に手続きが終わったら空港内のお店を軽くチェックしたいねぇと思ってました。

 

が…入国審査も結構な行列でしたが、その後の、EU内乗り継ぎの保安検査場が大行列。しかも進みが遅いこと。

結局、乗り継ぎ便のゲート前に到着し、お手洗いに行ったらまもなく搭乗開始、という慌ただしさ。

ここでも、スターアライアンスゴールドの優先搭乗のありがたみを感じました。

 

フランクフルト-ミュンヘン線、予想通りのビジネス路線で、スーツ姿の大柄なビジネスマンがいっぱい。しかも大き目のキャリーケースを持ち込んだりしてるので、出発時には荷物入れが超満載。いち早く入って場所を確保できるのは安心感があります。

 

座席で出発を待つ間、ふと外をみるとレトロ塗装?のルフトハンザが!

 フランクフルト空港では薄曇りでしたが、雲の上では青空が気分をあげてくれます。

そんなわけでミュンヘン空港に無事到着。

 

といっても、まだすぐには宿へ向かいません。重要ミッションがあるのです。

それは…ここ!空港内にある、 Lufthansa Worldshopです。

事前にオンラインで購入し、AirportDeliveryで頼んでいた新しいスーツケースをゲットいたしました。 詳細はこちらに↓

snooko2016.hatenablog.com

 無事受け取り後、いよいよ宿へ向かいます。

ミュンヘン空港→中央駅へのアクセス。おすすめはバス!

中央駅近くなので、アクセス方法は電車かバスの2通り。

ガイドブックで見ると、どちらでも片道価格はほぼ同じ、運行間隔と所要時間もほぼ変わらず。

 

で、バスで行くことにしました。

到着ロビー内の写真を撮り忘れましたが、ANAやルフトハンザ等のスタアラの場合はターミナル2。手荷物を受け取り、パブリックエリアに出たところを背にした場合、ひたすら右方向、Busと書いてある案内標識に従って歩けば着きます(ざっくりすぎる説明ですが)。

外に出たらすぐでした。

 

バス停にあった時刻表。わかりやすく15分おき。

 

 車体にはLufthansa expressと書かれていますが、どこの航空会社を利用していても使えます。

バスの方がいいところとして、

1)荷物を車体下部に入れられるので、特に荷物が多い私たちのような人には楽。

2)往復割引があるので、これを利用すると鉄道より安い。Return Ticketといえば通じます。この場合、発行されるレシートを復路でも使うので、無くさないようご注意を。

 

オンラインで事前購入するとさらに安くなるようです。

詳細もろもろは公式HPを参照ください。

www.airportbus-muenchen.de

今年のドイツは寒すぎだった

旅行前に天気予報をチェックしていたので覚悟していましたが、4月末とは思えない寒さ!夕方で5℃!(翌日以降もこんな感じで、最高気温が連日一桁。後日現地ツアーに参加した際、ガイドさんに聞きましたが、もちろん例年はこんな事はなく、数十年ぶりの寒さ、らしいです) 

荷物がかさばるけど体調を崩したら元も子もない、と持ってきた、真冬に使っていたダウンコートを二人とも着るところから始まった、バイエルン州4泊滞在となりました。

*1: ぬお氏(夫)はさらに、今年2月~3月に海外出張があったのですが、この往復ともプレミアムエコノミーにアップグレードできていた!修行の恩恵を一番受けてました(笑)